ドライバーの義務「増し締め」

以前からトラックの脱輪事故はありましたが、

昨今は特に増加しています。

脱輪は迷惑を掛けるだけでなく

人の命までも奪いかねなのでとても危険です。

その中でも特に増加するのが

積雪する前に冬用タイヤに交換しておこうとする11月からだそうで、

脱輪を起こすほとんどがタイヤ交換後1ヵ月以内だそうです。

脱輪を起こさないためにも

車のメンテナンスや点検を行うことは

運転するドライバー、

運送会社の義務といえます。

KBSではチェック表を作り、

1週間に1回以上は「増し締め」を行うことにしました。

(遅かったぐらいです・・・汗)

タイヤを留めてあるボルトには

「JIS」といわれる規格と、

「ISO」といわれる規格があり、

タイヤを締める際に

ボルトの回す方向が異なってきます。

(見た目での判断が難しいので大きさで確認)

「JIS」・・・ソケット41mm 逆ネジ(運転席側/時計回り)(助手席側/反時計回り

「ISO」・・・ソケット33mm 正ネジ(運転席側/時計回り)(助手席側/時計回り)

間違ってしまうと、

逆に緩めてしまった事に気付かず運行してしまう恐れがあるので

十分な確認をしたうえで増し締めを行わなければなりません。

ボルトを締める器具のトルクレンチは

とても重いので二人で行います。

(締め付けの強さは650Nmにメモリを合わせ、「カチッ」と鳴るまで)

見た目でも緩みが分かるように

ホイールナットインジケーターをつけました。

これはボルトにつけて三角の向きを合わせておき

三角が向き合っていないと緩んだということになります。

より安全に、安心した運行が出来るように、

そして少しでも事故のない社会を作っていくことも

運送会社の責任であり使命なのです。

Follow me!